スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ローテ】収穫オーロットとその取り巻きについての考察 【動画】


【オーロット】
性格:しんちょう
特性:収穫
持ち物:オボンの実
技:守る みがわり 呪い ウッドホーン
努力値:H220 B46 D244

【耐久】
命の珠ひかえめサザンドラ悪の波動耐え
命の珠ガブリアスの逆鱗耐え

コットンガードチルタリス、毒守ヒードランと組ませたら相性良いのではないかと思い育成。
シングルと違いローテでは物理特殊両方の攻撃をある程度受ける必要がある為、身代わりを貫通する音技に重きを置き今回は特防に振った。オーロットチルタリスヒードランの3匹は横の並びの相性保管が良く、オーロットの呪いから展開されるヒードランの毒守やチルタリスのコットンガードで相手をじわじわ詰めていく。


予想の倍は弱かった。
理由としてはオーロットは決して耐久の高いポケモンではない為、収穫が上手く発動しないとただの呪いマシーンとなり相手を1~2体呪って自ら退場するだけの存在になりがちだだった。その呪いもチルタリスで一撃で倒せるサザンドラに入ってしまったりして思ったように機能せずウッドホーンに至っては一度も使っていない。このオーロットとかいうポケモンまじで゙使えねぇとか思ってしまうくらいだった。

使うとしたら収穫だけじゃない回復ソースが必要だと思ったが技スペースがない。
頭を悩ませてたらあいつらの姿が頭に浮かんだ。

そうだあいつらがいる…オーロットの苦手な炎や飛行に強く、願い事で味方を回復させることができ、さらに相手のタイプを水に変える技を持つあのイカれたコンビだ。



そう、ゴローニャママンボウである。

この2匹と組んで使用してみたら呪いもママンボウのおかげで何度も使え、水浸し+ウッドホーンで攻撃しながら回復、焦ってオーロットを倒しに来たファイアローをゴローニャで返り討ち等見事なコンビネーションを見せ4連勝してくれた。


これが


こう変わって明らかに取り巻きの見た目が数倍弱くなった。
それにもかかわらず、実際にはチルタリスヒードランの時より数倍の強さを発揮してくれたのでポケモンとはホント面白いゲームである。

動画も上げたのでよかったら見てください。


私は単体考察を自分のメモに書いているのですが、一番大切なのはポケモン単体の性能ではなく、そのポケモンをどう使うかを考えるという事だと改めて思いださせてくれたポケモンでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ローテ】レベル49ゴローニャ+ママンボウPTの詳細【動画】 | Home | 【ローテ】レベル49ゴローニャ+ママンボウ葬式会場【動画】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。